2016年7月4日月曜日

203 コチドリ 小千鳥

Charadrius dubius Scopoli, 1786
Little ringed plover

17 CHARADRIIFORMES チドリ目
17-01 CHARADRIIDAE チドリ科
CHARADRIUS チドリ属
○2016.07.04 幼鳥

○2015.07.19 萱場
股覗き

○2015.05.04 取手市萱場(夏羽)

○2014.04.06 茨城南部

 

plover【plʌ'vər】[名]1 チドリ 2 水辺の鳥の総称




2015年10月13日火曜日

ハシブトガラス 嘴太烏

Corvus macrorhynchos Wagler, 1827
Jungle Crow,Large-billed Crow


CORVIDAE カラス科
Corvus  カラス属
〇2015.10.13 高崎の森
  • コブシの実を啄ばんでいました。

キビタキ 黄鶲

558 Ficedula narcissina (Temminck, 1836)

24 PASSERIFORMES スズメ目
24-30 MUSCICAPIDAE ヒタキ科
FICEDULA キビタキ属
〇2015.10.12 高崎の森
  • ♂と一緒にいましたが、♀は見分けづらいです。

○2014.09.29 近所で(♀)
  • もうすぐ、南に渡るのでしょうね。

〇2014.05.17 奥日光(♂)
  • 夏鳥として、4月後半頃から渡来し、山地の広葉樹林などで見られ、9月末から10月初め頃の渡りの時期には、平地の公園などでも見られるようです。
  • 冬季は、中国南部、インドシナ、マレー半島、ボルネオ、フィリッピンに渡るのだそうです。


【英名】 Narcissus Flycatcher
スイセン(水仙)。どちらかというとスイセン (narcissus ナルキッソス) の花に化した美青年の方でしょうか?


2015年10月12日月曜日

外-25 ソウシチョウ 相思鳥

Leiothrix lutea (Scopoli, 1786)
Red-billed leiothrix, Peking robin

PASSERIFORMES スズメ目
TIMALIIDAE チメドリ科
LEIOTHRIX ソウシチョウ属
〇2015.10.12 筑波山
  • マユミの実を食べに群れで来ていました。
  • 筑波山では、この時期、ソウシチョウばかり目立ちます。
  • ウグイスの地鳴きも聞こえたのですが、群れで入ってくるところが、ウグイスと違うようですね。
  • これでは、ウグイスの餌場が荒らされてしまうのではと、心配です。


○2010.02.04 井頭公園

2015年5月16日土曜日

143 アマサギ 猩々鷺、飴鷺

143 Bubulcus ibis (Linnaeus, 1758)
Cattle egret


11 PELECANIFORMES ペリカン目
11-02 ARDEIDAE サギ科
BUBULCUS アマサギ属
○2015.05.16 里山で

  • 今年も会えました。


○2014.06.01 里山で



  • 3枚目は、換羽中のようです。
  • まだ、婚姻色にはなっていないようです。
  • 背中の飾り羽は綺麗なものですね。
  • そういえば、亜麻色の亜麻と思っていたのですがワイルドワンズの亜麻色の髪の乙女が流行った後で、亜麻鷺という人もでたようです。
  • 亜麻色と飴色を比べると飴色の方が色も濃いようで、飴色(あめいろ⇒あまいろに転音)が本当のようです。
【参考】 野鳥の名前P38


cattle=[名](集合的に複数扱い) 牛(類)

  • Cattle egret は、直訳では、牛白鷺となるようです。牛などのそばで給餌したり、牛の背中に止まり、寄生虫を採ることもあるなどからついた名前のようですね。